ライフエンジニア日記

SIGHT/街で食べれる美味しいプリン その1

ライフエンジンって何?

ご挨拶

プリンブログから飛んできた人、こんにちは。
ライフエンジンから飛んできた人、いつもお世話になっています。
そしてライフエンジンに興味を持って来てくれた人、はじめまして!

私は普段「そうだ、カフェにプリンを食べに行こう」でブログを書いている「なおゆき」
あるいはライフエンジン参加者と書いて、ライフエンジニアの「SIGHT」です。
ハンドルが2つあるのは、まぁ、仕様ということでご容赦ください。

今回はライフエンジンメディア公開直後ということで、
ライフエンジンでこんなことやってる人もいるよーという事例の一つとして
私としても普段のブログに近くて書きやすい、カフェプリンの紹介記事を投げさせていただきます。

それでは、ちょっとした前置きを挟んでから本編に入っていきたいと思います。

私から見たライフエンジン

さて、ここまでの話だけだと、ライフエンジンってスイーツのコミュニティなの?
という印象を持ってしまう人もいらっしゃるかと思いますので、
簡単に「私から見たライフエンジン」とそれとの関わりについてからお話させていただきます。

私はもともとこのようなブログを書く気はなかったのですが、
ライフエンジンの中でプリン紹介の投稿を個人チャンネルという……
まぁ、個人で立てた掲示板みたいなところに投げていたら、

ファンができて(驚愕)
ブログ化を推されて(驚愕)
ちょうどタイミングも合致して(驚愕)
ブログ化が成功した(驚愕)
という流れになります。(結局、驚愕)

(長文耐性があれば、下の記事が詳しいです(ライフエンジンメディア外に飛びます))

「そうだ、カフェにプリンを食べに行こう」内の該当記事

ライフエンジン内ではこういったドラマ……
もとい、やりたいことをやってるうちにそれにファンが付いて、
物によってはブログやYouTubeなどの媒体で表に出したり、
内部でサービス化したりということが結構頻繁に起こっているのです。

なので、私の本ブログもライフエンジンができなければなかったものなんですね。
他にも占いとか自己啓発セミナーとか、ライフエンジニア発信のコンテンツは色々あります。

皆さんもグルメやイベントレポでも書評でもなんでもいいので、
ライフエンジンで何かしら形にしてみると、
そこらへんの感覚を実感できると思います。

ライフエンジン参加チケット購入ページ

気が向いた人は上記から入ってみてください。

では、前置きも終わったところで本編に入ろうかと思います。

神保町/青海珈琲の絶品コーヒーとプリン!

今回の目的地

今回は私のブログでもちらっと触れたことのあるこのお店に行ってきました。

青海珈琲 神保町

こちら前回行ったときはすでにプリンが入るほどの腹の容量がなく、
泣く泣くコーヒーだけ飲んで帰ったという苦い記憶(コーヒーだけに)があるお店です。

なので、今回はリベンジのため、ガッツリ歩いてお腹をすかせ、
プリンとコーヒーを食べるためにこのお店の最寄り、神保町駅に向かいます!!

最寄り駅からのルート

まずは、最寄である神保町からのルートを解説します。

ちなみに、ここらへん結構駅が密集しているので、
新御茶ノ水、御茶ノ水、頑張れば秋葉原あたりからも一応アクセス可能です。
電車賃を節約したい人は普段使っている路線をご利用ください。

さて、神保町A5出口から左へ進み、
マクドナルドに沿うように左折し、左手を見ながら直進します。

左手に「珈琲豆」というなんともハイカラな提灯のあるお店が今回の目的地の青海珈琲でございます。
さすが最寄り。個人的にはかなりスムーズにお店に到着できると思います。

店内にはコーヒー豆の産地の地図や、アイスコーヒー、ホットコーヒーのベンダーなどが並んでいます。

また、こちらのお店、厳密にはカフェではなくコーヒー豆を売っている専門店なので、
ここで飲めるコーヒーは紙コップで提供される「試飲用」となります。

それでも一服するには十分な量もあるし、テーブルも一つおいてあるので、
私としては何ら問題はないわけですが。

注文

それでは早速コーヒーとプリンを注文します。

前述の通り、ここのコーヒーは試飲用です。
そんな事情もあってか、なんとイチオシのコーヒーが200円という安さで提供されています!

200円でどんな味のコーヒーが出てくるかは後の解説に任せますが、
なんとも(お財布に)気持ちのいい売り方をしていますね!

そしてプリンは画像の通り、プラスチックカップに入った持ち帰り可の200円。

…さぁ皆様、復唱しましょう。
「コーヒー200円、プリンが200円」

つ・ま・り、これが合わせて400円ですってよ!!
(一般的なカフェの相場だと、コーヒーとプリンは700円-1000円位が相場です)

今まで私も色々プリンやコーヒーを食べてきましたが、
ワンコインでお釣りのくるものははじめてですよ!!

早速注文(というか、料金を店内のお賽銭箱に入れて(笑))して、ベンダーのボタンを押します!
…それでは、逸る気持ちを抑えつつ、いざ実食です!

実食

まずは今回注文した「コーヒーの日ブレンド」コーヒーから飲んでみます。
コーヒーは熱めですが…なんと素晴らしい喉越し!とても滑らかに口を通過します。
えぐみなど一切なく、心地よい苦味が口を通り過ぎました!

ここまでのプリンレポの中で同じだけのコーヒーを飲んできましたが、
このコーヒーは何か違う…!
主観ですが、お高めカフェのコーヒーとも張り合える以上のお味です!

しかもこれが紙コップの試飲とはいえ200円!
カフェのコーヒーは400-600、高いところでは4桁いくというのに…!
これは言わざるを得ない! 過去一であると!

だいぶ取り乱しましたが、気を取り直してプリンに向かいましょう。
この記事のメインはあくまでプリンですからね。

プリン本体は、プルンとした優しめの弾力でスプーンを迎えてくれました。
それでは、いただきます!

卵の風味とやや強めの甘味がどっしりくるプリンですね!
口の中でもスルッと入るというよりは少し粘性が高いクリーム感。
つまりこれは、コーヒーで流せということですね!

早速コーヒーを入れると計画通りに口の中がさっぱり。
うむ、コーヒーの味は揺るがず!これは美味しいです!

カラメル層は結構サラッとしています。
戸田公園のまめしばコーヒーのカラメルに似ているかな?
味もそこまで濃厚ではなく、プリン本体の味を邪魔しない感じの調整です。

そしてさらにコーヒーをもう一口!
やはりここのプリン、本体の濃厚さがサラッとしたコーヒーと絶妙に合います!
しかし、お店の冷房効いてるということもありますが、
それを加味しても夏場のホットコーヒーなのに飲みやすい!!

そうこうしている間にもコーヒーとプリンは順調に減っていき、
完 食 で す !

おわりに

いやー、珈琲豆のお店だからコーヒーにはそこそこ期待をしていましたが、
その期待を上回るお味でした。
しかもプリンもなかなかに高品質で、かつ2つを合わせたときのコスパが最強……
思わずリピートしたくなるお店でしたね!

なお、スペシャリティコーヒーのブレンドはちょくちょく変わるようなので、
時期を変えて通い詰めて複数のブレンドを飲み比べるのも良いかもしれません!

それでは、皆様良きプリンライフ…
そして、ライフエンジンに興味をお持ちの方々、
私達と一緒によきライフエンジンライフを!!

今日のお店

名前:青海珈琲 神保町
住所:東京都千代田区神田神保町1-24 加藤KKビル 1F
営業時間:8:00-19:30
定休日:不定休

ABOUT ME
SIGHT
SIGHT
ライフエンジン内でそれなりに動いた結果プリンブロガーになった、結構場の勢いで生きている男。 「記事は食べながら書いて帰りの電車で推敲」が信条。

ライフエンジンについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

ライフエンジンの紹介ページへ