ライフエンジニア日記

【LE5周年記事】ライフエンジンに入って起きた変化(きの)

初めまして!きの(@kinomegumi21)と申します。

2017年3月に入会して以後、ライフエンジンを通じて様々な経験を積み重ねることができ、今では自分にとってかけがえのない場所になっています。

今回、ライフエンジンが5周年を迎えるということで、お祝いも兼ねた記事として、ライフエンジンがきっかけで起きた私自身の変化について書かせていただきます。

ライフエンジンに入って起きた変化

1.今までやったことのないことに挑戦したり、目標を実現できた

入会から現在に至るまで、ちょっとしたことから自分自身の夢や目標・ライフスタイルに関わるレベルの大きなことまで、ライフエンジンのおかげで挑戦・実現できたことがたくさんあります。

特に大きいのはこの3つ。

  1. 漫画賞で受賞&担当編集さんについてもらって作品作りができるようになった
  2. Amazon・Kindleインディーズで漫画の無料公開&KDP作品集を出版した
  3. WordPressでパン、スイーツ中心の食べ歩きブログを立ち上げた

①:描いた漫画をアップしたら読んでもらって感想をいただけたり、進捗をアップすることで応援のスタンプやコメントをもらえたのがとても励みになりました。

受賞した作品を作っている時も、ひたすらライフエンジン内の個人チャンネル(※自分のことを発信できる専用スペース)で記録も兼ねた作業進捗をアップしていました。

めげそうになっても応援してくれるライフエンジニアの方々の温かさが支えになってて、感謝してもしきれません…!

②:KDPで出版するのって特別な手続きが必要と思ってたのですが、ライフエンジニアさんから、KDPで漫画を出版するのは難しくないよと教わったのがきっかけでした。

最初は読み切りを1作品ずつ無料で出すところから始めて、2020年7月には過去の作品をまとめたKDP作品集を出すことができました。

(宣伝失礼します)

ちなみにアイキャッチのカットも、この作品集に収録してる作品からピックアップしています。

③:ブログ自体はこれまで何度か書いていた経験があるのですが、他のライフエンジニアの方々のブログを見ているうちに、自分でも本格的にやってみたいと思ったのがきっかけでした。

ライフエンジン内で意見をもらったり、立ち上げのサポートをしてもらいながら2017年12月から食べ歩きブログをスタート!(再度宣伝失礼します)

好きなことを書いて発信したら、それがたくさんの方たちに読んでもらえるというのがとても嬉しくて、この経験がマンガ制作にも良い影響を与えてくれています…!

ライフエンジンは「実験」を推奨・応援しているコミュニティです。

夢や目標に向かって行動すること、やってみたい!という気持ちを応援してくれる環境が整っているので、水を差してくるドリームキラーもいません。

やりたいことに心置きなくチャレンジすることができて、それら1つ1つの経験は自分自身にプラスの変化をもたらしてくれています。

2.自己理解ツール&ライフエンジニアとの交流によって自分の強みと弱みが明確になった

ライフエンジンで様々な自己理解ツールを知ったのですが、実際に診断を受けることで今まで気づかなかった、自分自身の特性について可視化することができました。

仕事や日々の生活を通じて、弱みは否が応でも痛感することがありますが、強みって自分では当たり前のことすぎてなかなか自覚できないんですよね…。

自己理解ツールを使うだけでも自分自身について知れたことはたくさんあるのですが、個人的に大きかったのはライフエンジンに所属している他の方々(=ライフエンジニア)との交流です。

ライフエンジンでは同じように自己理解ツールを活用している方が多いので、自分とは異なる診断結果が出たライフエンジニアと直接やり取りをして、対比させながら理解を深めることができました。

この『直接やり取りをして』というのがミソです。

文章でやり取りしたり、Zoomで喋ったり、オフ会等で直接会って話したり…。

こういった双方向のコミュニケーションを取ることで、自分ではそこまで腹落ちしていなかった特性を相手がピックアップして教えてくれる…ということが度々ありました(逆もあり)。

また、自分ではできる!と思ってたことが実はかなり無理をしてやっている事だった…と知ることもあって、そう気づいたのも、それを苦労どころか心の底から楽しそうにやっている他の方と直接やり取りをしている時でした。

より深く強み・弱みを理解することで、自分自身が心地よく過ごせるように仕事の進め方や日々の生活を改善していくこともできるように。

生きている限り、この改善に終わりはないですが、入会当初よりもずいぶん生きやすくなったなあと感じています。ありがたい…。

個人的に、特に大きな影響を受けたものを3つピックアップしてみました。

  • ウェルスダイナミクス
  • クリフトンストレングス(ストレングスファインダー・以下SF)
  • 個性學

ウェルスダイナミクスに至っては、知れば知るほどもっと深く学びたい!という気持ちが強くなって、2020年9月にシニアプラクティショナーという認定資格まで取得しました…!

SFで1位だった収集心と、2位の学習欲を思いっきり発揮された「挑戦」のひとつです。

ここで得た経験をライフエンジンを始め、他の誰かに何かしらの形で役に立てられたらいいなと思っています…!

3.他者に興味をもてるようになった

もともと内向的な気質で周囲の人に全然関心が持てず、人間関係を築くことが苦手でした。

人付きあいやコミュニケーションが苦手な部分、内向的な気質そのものは正直なところ、今も特に変わっていないです…。

にもかかわらず、ライフエンジンにいることで、他の方に対して興味を持つ瞬間がグッと増えました…!

中でも自分に近いタイプの方だけでなく、自分と全然異なるタイプの方に対しても「面白い!気になる!」という興味関心が湧くようになったことは、それまでの自分からは考えられないぐらい大きな変化です。

これまで異なるタイプの人に対しては「なんでそういう考えをもつのか分からない→その人が理解できない→興味を持ちようがない」という思考回路だったため、自分から積極的に関わろうという気は皆無でした。

ですが、『人への好奇心を根源的な原動力とする』ライフエンジンで活動していくうちに、分からないと感じることは別にネガティブなことではないのだと気づきます。

人って好意的に接してもらえたら、自然とその相手に興味をもちますよね。

ライフエンジンは心理的安全性が高いコミュニティということもあり、まだ情報が何もない、何もわからない目の前の人を好意的に見て、ポジティブに受け入れられる方たちが集まっていると個人的に思っていて。

もちろん好意的に接してもらっただけではまだ相手のことを何もわからない状態ですが、好意的に接してもらった事実が「わからないから、知りたいな」という気持ちを呼び起こすのかな、と…!

私のように、はじめは他者に興味がなかった人もここライフエンジンで活動することで、少しずつでも確実に他者への興味が持てるようになるんじゃないかと感じています。

自分では全然理解ができないと思っていた他者の思考や行動も、最初はわからなくていいんだ、そういうものなんだと思うと、不思議なことに相手に対して好意的な感情が浮かぶようになりました。

そもそも他者を100%理解するということは到底ムリな話で。

分からないからこそ、少しずつ知っていくのが面白いんですよね。

その面白さを教えてくれたライフエンジンと、ライフエンジニアの方々に感謝です…!

おわりに

この記事を書きながら、ライフエンジンはとんでもない可能性を秘めたコミュニティだなと改めて実感しています。

入会から3年8ヶ月経ちましたが、私自身や他のライフエンジニアだけでなく、ライフエンジン自体もどんどん変化と成長を続けているのもこのコミュニティの魅力だと思っています。

これからもライフエンジンと、自分含む全てのライフエンジニアがより良い未来に向かって進んでいけることを願っています。

改めて、5周年本当におめでとうございます!

この先もできるだけ長く、ライフエンジンが続いていきますように。

ABOUT ME
きの
きの
樹野 恵(きの・めぐみ)名義で漫画を描いています。現在、商業誌デビューに向けて担当さんと作品作り中。 BUMPOFCHICKENが大好きです!!!!!

ライフエンジンについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

ライフエンジンの紹介ページへ