ライフエンジニア日記

【祝】ライフエンジンに入って変わったこと(チャイフ)【LE5周年】

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

ライフエンジン5周年おめでとうございます!ライフエンジンはいつの間にか、自分にとってかけがえのない存在となっていて、大変お世話になっております。これからもよろしくお願いします。mm

さて、5周年記念ということで、ライフエンジン歴885日の間で、僕の中で何が変わったか、どんなパラダイムシフトが起きたかについて書いてみようと思います。

それでは!三└(┐Lε:)┘

ライフエンジンに入会した経緯

僕がライフエンジンに入会したのは2018年6月です。この記事を書いている今が2020年11月なので、すでに2年半近くが経過しようとしていますね。

当時は社会人2年目でした。そこそこ忙しくなってきた一方で、その先のキャリアプランを考えたときに、なんとなく(このままではだめだ)という、言語化できない不安感がありました。

そこで、jMatsuzakiさん(@jmatsuzaki)、F太さん(@fta7)のお二人がやっていた「ひらめきラジオ」でライフエンジンの存在を知ったのです。

ライフエンジンに入った当初は、「現状を変えるぞ!」といった強い意気込みがあったわけではなく、「今とは違う環境に身を置きたい」というのが動機でした。

そして、周囲の環境に合わせて行動をする傾向がある自分にとって、その判断は大正解だったのです。

考え方が変わった

僕がライフエンジンに入って変わったことは、ズバリ「考え方」です。

ものごとの捉え方、価値観です。

思考は言葉になり、言葉は行動になり、行動は習慣になり、習慣は人格になり、人格は運命になる。それによって人生が変わる

これは、ウィリアム・ジェームズという、19世期の心理学者/哲学者の言葉だそうです。

僕自身、「習慣が変わっているなぁ」という実感はハッキリとあります。

ライフエンジンに入っていなかった世界線の自分を想像すると、「人生が変わっている」とも確信できます。

そんな中でも、ライフエンジンに入ってから身についた考え方を3つ挙げてみます。

「軽率に」やってみること

  • 「まだはやい」「もうおそい」を「いまだから」に変える

これは、僕が入会した当時、ライフエンジンのHPに書かれていたキャッチフレーズです。僕はこれが大好きなのです。

これは、行動を起こす勇気を与えてくれます。

これは、「自分の人生がどの方向に進んでいくかは、自分が何を選択するかどうかだけに依存する」ということを教えてくれます。

(僕がこの話を人にするときは、いつも「例えば、カーネルサンダースは65歳でケンタッキーフライドチキンを起業した」という話をします。)

ライフエンジンには、良い意味で「軽率に」やってみることを応援する空気があります。実際、ライフエンジン内ではみんながいろんなことを日々実験しています。

そこに正解 / 不正解はありません。

興味があること、やってみたいこと、1人でやること、誰かを巻き込むことなど、様々です。

ある人から見たら些細なスモールステップでも、その人にとってはとてもとても勇気のいることかもしれないのです。

そしてライフエンジンには、その人の「勇気ある実験」を後押ししてくれる空気があるのです。

₍₍ (ง ・ω・ )ว ⁾⁾

「わたし」と「あなた」は違う価値観を持っているということ

いわゆる課題の分離です。これも僕が大好きな考え方の1つです。

元々『嫌われる勇気』という書籍内でテーマの1つになっているアドラー心理学の考え方で、それは知識としては知っていたのですが、ライフエンジン内には、課題の分離を実践できている人が多いように感じます

  • 過干渉せず、相手に押し付けることはなく。
  • わたしはこう考える。あなたはこう考える。
  • お互いに相手の考え方を解釈しようとは努めるが、究極のところ「共感」することはできないことを、感覚として理解している。

こんな感じ。

これが実現している理由として、匿名で活動するコミュニティであることや、オンラインだからこそネットリテラシーが高いことなども関係してそうですね。

本当にありとあらゆるバックグラウンドを持ったメンバーがいて、自分にない部分を持っている人も多いです。

日々のやり取りの中で尊敬する部分を感じつつ、日々勉強させてもらっています。

₍₍ (ง ・ω・ )ว ⁾⁾

自分の人生を豊かにすることを第一に考えるようになった

僕はライフエンジンに入るまで、社会の歯車になっていることに半ば諦めていたような感覚がありました。

しかし、ライフエンジンでは、みんなが社会に抗い(注:語弊)、自分の人生を全力で生きているように感じます

決して順風満帆ではないかもしれない。それでも自分が信じる道を一つ一つ探して回る。

  • 実験をして。
  • 時に休憩して。
  • 時に誰かに協力してもらいながら。
  • また実験をする。

とても泥臭く見えます。しかしあるべき姿のように感じました。

そして、自分の人生を豊かにすることを第一に考えるようになりました。

₍₍ (ง ・ω・ )ว ⁾⁾

“LIFE ENGINE”

いかがでしたでしょうか。

少なくとも僕は、ライフエンジンのメンバーの生き方を眺めているだけで、沸沸とモチベートされています。

「自分も何かしてみようかな」と思えてきます。

”life“ : 生活、生命、人生

“engine” : 内燃機関、発動機、力学的エネルギーを継続的に発生させる装置

「人生」の「発動機」。

“LIFE ENGINE”という名前は、メンバー1人1人によって見事に体現されていると、しみじみ思いますね。

それでは〜。

チャイフ

ABOUT ME
chaif
chaif
ライフエンジンでまったりしてます(¦3ꇤ[▓▓] 趣味:ラブライブ!、リアル脱出ゲーム、ボルダリング、ボードゲーム、TRPG、etc. まじめ:タスク管理、習慣化、健康、自己管理

ライフエンジンについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

ライフエンジンの紹介ページへ