ライフエンジニア日記

[LE5周年記事]ライフエンジンで気づいたこと(シロ)

こんにちは。シロ(@imkshiro)です。

ライフエンジン5周年、おめでとうございます!!

今日はライフエンジン5周年お祝い企画ということで、ライフエンジンで気づいたことを書こうと思います。

<目次>

  • 自己紹介
  • ライフエンジンで気づいたこと
  • なぜライフエンジンでそれが出来たのか
  • おわりに

自己紹介

2018年の9月に入会しました。シロといいます。

普段は会社員をしています。会社と家を往復している生活がずっと続いていた時にこのままでは良くないと感じ、もっと力を注げるものを見つけたい、自分の生き方を作りたいと思って入会しました。

学生時代に陸上の長距離走と、自然環境の調査をしていた関係で、走る人、自然の中にいる人と認識されていると思います。

時々50キロくらい走ってみたり、雪山や樹海に行ったりしていたのでちょっと変わっているとみられているかも…

入会後は多くのイベントに参加したり、沢山のサービスを受けさせてもらいました。一例を挙げると以下に参加しています。

・週次レビューの会(初めてライフエンジンで人と関わるようになった会)
・おしゃべりマッチング(多くの人に知ってもらうきっかけになった企画)
・soloworkers(自分のサービスを作って提供する体験をしたサービス)
・LE音楽会(ひたすら楽しく参加させてもらったイベント)
・リレーマラソンを走る会(自分の強みを生かして責任をもって取り組んだ企画)
and more…

ライフエンジンで気づいたこと

僕は、ライフエンジンでは自分が心から力を注げることは何かを探っています。そのために色々な企画に参加させてもらったり、時には自分で企画やイベントを作ることもあります。

その中で人や自分の心に残る大切な体験が出来る時はどんな時か?ということに気づけたと思っています。それは僕の場合は以下の二つです。

・心の内から理由が生まれた時
・責任を持てた時

<心の内から理由が生まれた時>

・スキルやお金を稼ぐ力が身に着けられそうだから。
・なんだかすごい人になれそうだったから。
・すごい人と関われるチャンスだから。

こうした理由で始めた時にはなかなか続かずやっていてもつらくなっていってしまうことが多かったです。一方で以下のような理由で始めることもありました。

・楽しそうだと思ったから
・自分が心惹かれたから
・自分がそれをやるべきだと感じたから

こういった動機で始める時には、自然とそれが当たり前のように取り組んでいくことが出来たと思います。

<責任を持てた時>

上記の心の内からの理由とともに重要だったのが、責任を持つと決めることでした。

自分がそれを成功させる、一緒にやる人に良い体験をしてもらう、何かあった時は自分が決断する、といったことを背負うと決めた時に、周囲からとても楽しかったと言ってもらえたり、自分自身がやって良かったと思える体験が出来たと感じています。

なぜライフエンジンでそれが出来たのか

普段の仕事のように義務ではなく、自分で模索して取り組むことだからこそ、心が向かない、責任を持てない、なんか違うと感じることも沢山ありました。

恥ずかしい話ですが、イベントを企画すると宣言してやらなかったり、自分のサービスを育てると言ったまま結局辞めてしまったりもしています。

しかしそれで嫌になって終わってしまわずに、色々なことに取り組めたのはライフエンジンだからこそだったと思います。

■下地を用意することが出来た。
ウェルスダイナミクスを始めとして自分を知るためのツールや、様々な自己理解に役立つサービスを持っている人が多くいます。

そうした人たちのサービスを入会してしばらくの間沢山受けることが出来たため、自分について考える下地が出来たように思います。

■色々試すことが出来た。
新しいことを試そうとした時には(身の危険がない限り)否定をする人はいません。「やりましょう!」や「応援してます」という声をもらえるので、安心して始められます。

また様々な企画に参加させてもらったり、人との関わりの中で自分の心が動くものに出会うことが出来ました。

■心を大切にすることが出来た。
無責任と感じるかもしれませんが、やっぱりやめたいという時や、その日約束していたけど気持ちがとても落ち込んでいる、といったこともあります。

そうした時に、それを口にしても責められることはなく、意思を尊重する、心配や心を労わるという文化が根付いていると感じます。だからこそ一度の間違いや失敗があっても、また元気が出てやろうと思えた時に動き出すことが出来ました。

おわりに


完璧でなくても人として受け入れてくれるライフエンジンがとても素晴らしいと思っています。これからもライフエンジンが良き場であり続けられますように願っています。

また自身も一員としてその場を一緒に作っていけるよう大切にしていきたいと思います。

いつもLEの場を作って下さっている皆さんに感謝しつつ、お祝いの言葉としたいと思います。おめでとうございます!!

ライフエンジンに興味を持ってくれた方は、こちらの申し込みページをご覧ください。

ライフエンジンの申し込みページへ