内部資料

【内部資料】ライフエンジンメディア利用時のガイドライン

このページでは、ライフエンジンメディアを利用する際のガイドラインを示しています。

メディア利用時の基本的な考え方

まずはメディア利用時の基本的な考え方を3つ紹介します。

1. ライフエンジンメディアには何を書けばいいの?

どんなことでも書いてOKです。文章だけでなく、画像を貼ったり、YouTubeのリンクを貼れたりもします。

イラストや漫画、動画や音声、写真など、さまざまな形での発信を歓迎しています。

例えば、

  • 個人的な体験談(ライフエンジン内外問わず)
  • 自分が好きなこと(推しているもの)
  • 最近の発見
  • ライフエンジンの中で起きた出来事 など

形式は問いません。

ただし、ライフエンジン内で起きた出来事をシェアするときは、関わった人に一声かけて、「掲載してもいいですよ」の許可を得ましょう。

2. どんなときにライフエンジンメディアを使うと効果的なの?

ライフエンジンメディアに書くか、個人メディアに書くか悩むこともあるでしょう。

そのときは、以下の「ライフエンジンメディアで書く効果」を意識すると良いかもしれません。

  • ライフエンジニアが楽しんでくれる
  • その記事がきっかけで、ライフエンジニアと交流するきっかけになる
  • 最近ライフエンジンのことを追えていなかったライフエンジニアが、まとまった情報を得られる
  • ライフエンジンに入ろうか迷っている人が、内部の情報を得られ、入会の判断ができるようになる

3. どのくらいのクオリティを目指せばいいの?

完璧を追求しすぎると、なかなか記事を公開できなくなります。

なので、60点でもいいので公開してしまいましょう。

もちろん、ライフエンジンメディアを情報発信の練習として使っていただいても構いません。

最初は60点という自己認識でも、発信し続けると必ず上手くなります。

メディア利用時の注意事項

次に、メディア利用時に注意するポイントを4つ紹介します。

1. ライフエンジン利用規約の第8条(禁止事項)にて、禁止されているものは書かない

ライフエンジン利用規約の第8条で禁止されている以下のことについては書かないでください。

  • 他者の著作権を侵害する行為
  • 誹謗中傷、暴力的な表現
  • 公序良俗、その他法令に違反する行為 など

2. ライフエンジン利用時のルールで禁止されているものは書かない

ライフエンジン利用時のルールで禁止されている以下のことについては書かないでください。

  • 自死、自傷、他傷、及びこれらを示唆するもの
  • 事件性がある、または専門家の判断や、慎重な対応が必要であろう体験談

3. 自身の責任を自覚する

すべてのライフエンジニアの1人1人が、コミュニティの居心地、価値、心理的安全性に関する包括的な責任を負っていることを認識してご利用ください。

4. 「二次創作作品」の掲載は不可

著作権の関係上、「二次創作作品」の掲載は不可とします。

一次創作作品のみ可とします。(※権利関連で諸々こんがらがりそうなため。)

執筆上のルール

執筆上のルールについても説明します。

カテゴリ

何でもOKです。それっぽいものを選んで/追加してつけてください。(※選択できるカテゴリーは1つです)

タグ

付けても付けなくてもいいです。イメージとしては、noteやインスタグラムなど。フリーダムなタグでもOKです。

その他細かい設定

しなくてOKです。(※できる人はしてOKです!)

こちらの記事では、記事の書くときのTipsをまとめています。合わせてお読みください。

メディアを初めて使うときの手順書

以下の記事で、画像付きでメディアを使い始めるときの手順をまとめていますので、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
だいち
だいち
ライフエンジン3代目運営です。

ライフエンジンについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

ライフエンジンの紹介ページへ