初めての方へ

ライフエンジンの文化

ライフエンジン運営のだいちです。

外から見て「ライフエンジンはどんな場所なんだろう」「どういう文化なのだろう」という点は、少し分かりづらいかもしれません。

なのでこのページでは、ライフエンジンの文化について紹介していきます。

※ここで文化とは、ライフエンジンメンバーに流れている共通の価値観・考え方、もしくはよく見られる行動のことを指します。

スタンプによるコミュニケーション

ライフエンジンの大きな特徴の一つは、スタンプ文化でしょう。

ライフエンジンはSlackのクローンのようなツールである、Mattermost(マターモスト)上で活動しています。

そこではSlackと同じように自由にスタンプを作れるのですが、とにかくスタンプの量が膨大なんですよね……

わざわざ返信するのは恐れ多いけど何かしら反応を届けたい、もしくは見てるよと伝えたいとき、スタンプがコミュニケーションツールとして上手く機能しています。

最近はスタンプでボケ始める人が出てきており、スタンプの可能性は無限大だなと思う次第です。。

Zoomイベントでは、チャットのほうが盛り上がる

ライフエンジンはイベントがあるときにZoomを使っています。

Zoom上では「顔出しなし」が基本的なスタンスで、これもライフエンジンの特徴の一つですね。※たまにカメラオンしてみよう!という動きもあります。

イベントに参加する人のスタイルも自由で、主に以下のスタイルが見られます。

  • カメラオフ✖、マイクオン〇:口頭でイベントに参加する
  • カメラオフ✖、マイクオフ✖:チャットでイベントに参加する
  • カメラオフ✖、マイクオフ✖:耳だけで見学する(チャットもしない)

この中でも、特にチャットでの参加が盛んです。チャットが盛り上がりすぎてしばしばZoomが重くなります。。

新規入会者イベントのとき、「チャットが流れる速度が速い……!」と新規さんが驚く姿を見ることも少なくありません。

これは言い換えると「反応が多い」ということです。イベントの当事者としては反応がたくさんあるのは嬉しいことですよね。

「喋るのは苦手だけどチャットならなんとか参加できるかも……」という人にとっても、ハードル低くイベントに参加できる空気感になっているかと思います。(自分もチャット参加のほうが気楽です)

個々人のスタンスを尊重する

ライフエンジンはオンラインコミュニティなので、会社組織と比べて利用規約や利用ルール以外に守るべき義務はありません。

「このように振る舞うすべき」「こう考えるべき」というものは原則なく、個人の自由にゆだねられています。(もちろん自由の裏には責任があります)

なので積極的にプロジェクトに関わるも良し、イベントに参加するだけも良し、ROMも良し、関わり方はその人の自由で、とがめられることは一切ありません。

考え方も「人それぞれだよね」という共通認識があります。むしろ「自分と全然違う!おもしろい!」と感じる人が多いように感じます。

このことをライフエンジニアに聞くと、「元々は人との違いを面白がれる人間ではなかったけど、ライフエンジンで過ごすうちに面白がれるようになってきた」とおっしゃる人もいました。

いろんなスタンスの人を尊重する、これは間違いなくライフエンジンの文化の一つでしょう。

個人チャンネルでの内省が活発

個人チャンネルとは、自分のことを発信するその人専用に作られたチャンネルを指します。

たとえば私だいちの個人チャンネルは「だいちゃんねる」といい、ソフトテニスのこととか、コメダ珈琲に行ったこととかをお話しています。

詳しく知りたい場合は、以下の記事を合わせてご覧ください。

個人チャンネルは、とにかく発信のハードルが低いのが特徴です。

そこで自分の考えたこと・感じたことを発信することが多いので、自分のことを知ってもらうきっかけになります。そこから他のライフエンジニアとの交流が生まれることも少なくありません。

外から見ていると、その人の脳内垂れ流しは見ていて面白いです。

自分が感じていたことを言語化してくれていたり、自分にはなかった観点を投稿していたり、純粋にその人に興味を持てたり。

引きこもりがちな人も多いのですが、それも個々人のスタンスなのでまったく問題ありません。(かくいう自分も引きこもり体質です)

自己理解ツールとしての”ウェルスダイナミクス”の活用

ウェルスダイナミクスというツールが、自己理解ツールとして浸透しています。

この自己理解ツールが、「人にはそれぞれタイプがある」という至極当たり前のことを、あらためて認識させてくれます。

ウェルスダイナミクスの恩恵は多々あります。

  • 自分と似たタイプの人が分かるからロールモデルにできる
  • 自分と違うタイプの人の話を面白がれる
  • 自分の強みで相手の弱みを補ったり、自分の弱みを相手の強みで補ってもらえたりする
  • 相手が見ている景色を、より慮れる

簡易診断の後に届くメールが「ちょっと怪しい……」という声も無きにしもあらずですが、素敵なツールだと思っています。なにせ自分は有資格者です。

ウェルスダイナミクスに触れるのが初めての方でも安心できるように、毎月ライフエンジン内で「ゆるいウェルスダイナミクス説明会」を行っています。

もしウェルスダイナミクスをもう少し詳しく知りたい場合は、ウェルスダイナミクスコンサルタントのうさぼうさんが書いた、以下の記事をご覧ください。

ライフエンジンの文化まとめ

  • スタンプによるコミュニケーション
  • Zoomイベントでは、チャットのほうが盛り上がる
  • 個々人のスタンスを尊重する
  • 個人チャンネルでの内省が活発
  • 自己理解ツールとしての”ウェルスダイナミクス”の活用

以上、この記事がライフエンジンの入会に迷われている方の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
だいち
ライフエンジン3代目運営です。 詳細の自己紹介は以下の記事をご覧ください。

ライフエンジンに興味を持ってくれた方は、こちらの申し込みページをご覧ください。

ライフエンジンの申し込みページへ