ライフエンジニア日記

あのときの稲光に撃たれたような衝撃は、 やはり今でも覚えている。

「7つの習慣」という本を読んでいます。


「はじめに」の箇所を読んでいて、分かったこと。

「原則」は、コヴィー博士が自分で考え出したものではなく、
コヴィー博士はただ、原則を 明確にして 、体系づけた、ということ。

だとしたら、すさまじい言語化能力…_φ(・_・

ちょっと戻るのだけど、 「完訳版にあたって」で、いっちばん最初に書いてあるのは、

コヴィー博士が「7つの習慣」でもっとも言いたかったことは、 「個性主義」ではなく、「人格主義」の パラダイス🌼🐟 パラダイムを持つこと

スキルやテクニックも重要なことではあるけれど、
○言行一致という誠実さ
○人としての成熟
○欠乏ではなく「豊かさマインド」

この上に立つスキル・テクニックがすてき。

「欠乏」というキーワードに、わたしはピン💡ときた。


「欠乏」と「豊かさマインド」が逆側に位置するものとされているとしたら。
「豊かさマインド」は「欠乏」の反対、と考えると、なんとなくイメージできる(*’▽’)

わたしにとって、「欠乏」とは


これは何年か前の話に遡る。 その頃のわたしは、自分に自信がなく、 自己肯定感も低く、 誰かの言うことに左右されてしまうことに思い悩んでいた。

そのとき、この状態をなんとかしたくて、 本屋でふと目に入った本を買って読むことになる。

この本を手に取ったその頃のわたしは、 藁にもすがる思いで、「この本を読むと、悩みがなくなるよ」という主旨の本を読み進めることになる。

その本は、この本を書かれた人の、生い立ちから始まっていた。


それを読み進めるうちに、わたしは、

「悩まなくなる方法が知りたいのに、この人の話ばかりが書いてある、 早く、悩まなくなる方法を知りたい、 読み進めても、読み進めても、ずーっとこの人のことが書かれているばかり、 早く、悩まなくなる方法を書いてよ!」

と、思っていたのだ。

そう、そのとき、わたしはハッと気がついた。

「あれっ……わたし、

誰かに悩みを解決してもらいたい と思ってる」

自分ではない、自分以外の他の人に、 自分の悩みを解決する方法を求めている。


例えば「🐬」という、わたし自身の悩みを解決する方法があったとして、 わたしは、自分自身で考えたり、試したり、実行したり、失敗したりすることなく、

ただ、「🐬」という解決方法「のみ」を知りたい

そう思っている、 ということに気がついた( ‘ω’)⚡

このあともまた、本を読んで学んだり、 いろいろあったわけだけど


あのときの稲光に撃たれたような衝撃は、 やはり今でも覚えている。

そして、記念すべきとどめをさされたのが、 まさにライフエンジンに入会し、 圧倒的に、わたし自身の持っている能力を肯定して頂ける、この環境に、 自分の身を置いたことであった。

それまで、本で読んだりして、いろいろと学び、「自信」というものの正体であったり、 自己肯定感についての認識を改めたり、 わたし1人で徐々に行ってはいたことが、

ここでとどめをさされたのである(※ここで言う「とどめ」とは、すごくいい意味で)。

今は、「自信」は特に持っていなくてもいい、と思っているから、 「自分に自信がない」ということで悩むことは、あんまり無いと思う (前までは、「自分に自信がない」ことに対して、悩んでいたのに!)

ふと気がついたら、何だかエモい文章になっていた予感がしたので


またしても、個人チャンネルに書いたことを、そのままこちらに書き記してみました。
それでは、また(*’▽’)ノシ

ABOUT ME
あいき
プロフィールなに書こうかな~₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 改行とか有効になるのかな~?

ライフエンジンに興味を持ってくれた方は、こちらの申し込みページをご覧ください。

ライフエンジンの申し込みページへ